About~神戸高専吹奏楽部について~

神戸高専吹奏楽部とは

神戸高専吹奏楽部は、 英語ではKobe City College of Technology Concert & Marching BANDといいます。
座って演奏する座奏を示す"CONCERT"、 歩きながら演奏する"MARCHING"の両方を行っています。
約60名の部員で、日々練習に励んでいます。

主な活動内容

主な活動は毎年夏に明石アワーズホールで行われる定期演奏会と 春に関西の他高専と合同で行う関西高専合同演奏会です。
他にも入学式や高専祭などの学校行事、パレードや地域のお祭りなどの依頼演奏を行っています。

定期演奏会

毎年夏に行われる定期演奏会は5年生の方が引退する最後の舞台です。
今年、2017年の定期演奏会は9月17日です。
3部構成となっていて、1部は吹奏楽を知らない方にも楽しんで頂けるポップスステージ。
2部は吹奏楽らしい曲を演奏するシンフォニックステージ。
そして3部は迫力あるマーチングをお送りするステージ・マーチングショーです。
部員全員がひとつとなり、1年間で作り上げた最高のステージをお届けします。
        

関西高専合同演奏会

関西にある7つの高専が合同で行う演奏会です。
毎年春に行われ、各高専が持ち回りで主幹をしています。
今年度の関西高専合同演奏会は神戸高専が主幹校です。 2018年3月24日(土)、あましんアルカイックホールで開催予定です。

普段の練習

平日は16:00から18:00まで、休日は10:00から15:00まで練習しています。
毎週木曜日は自由練習の日ですが、部室に来て個人練習をしている部員も多くいます。
演奏会などの前にはもっと長く練習しています。
毎週水曜日と土曜日は合奏の日で他の日はパート練習の日としており、 月1回のペースでマーチングの練習もしています。
日常写真はこちらからどうぞ